スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラング作成 9 (フィギュア)

本体は、とりあえず完成としました。
後はフィギュアです。

結論から言うと、組み立ての段階で失敗してしまいました。
腕の角度の失敗。
本体に搭載したところ、手の状態が不自然に。(浮いてしまった・・)

まあ、それはそれとして、今回は油彩で塗装してみました。
Webでフィギュア(顔)の塗装を油彩でやっている例を見ましたが、理由が良くわかりました。
発色がとても鮮やか。
たぶん、ラッカー系アクリル系エナメル系でも出来なくは無いと思いますが、油彩のほうが楽に発色できそうです。

今回の出来は、40点ぐらい。
これも、絵心と知識、技術の習得が必要ですね。
miniCIMG1823.jpg  miniCIMG1818.jpg
miniCIMG1817.jpg  miniCIMG1826.jpg


練習のつもりで、以前作成済みのフィギュアにも塗装してみました。
miniCIMG1808.jpg miniCIMG1810.jpg
miniCIMG1811.jpg


画竜点睛と言う言葉が有りますが、フィギュアの顔塗装で最も重要なのは「瞳」
今回は・・・まあ・・失敗ですね。。。
スポンサーサイト

ラング作成 8

引き続き、キャタピラ周りのウエザリングです。

昨日の泥色が、今朝見るとちょっと白すぎに感じます。(乾いたからか?)
パステルの色に少しだけブラウンを混ぜて褐色ぎみにしてみました。

これを先回のマークセッターで定着させます。

見えるところだけーなので、すぐに終わるかなと思いましたが、結構時間がかかる。
まあ、キャタピラは長いもんねー。(タイヤに比べると)
あとは、凸部分にシルバーをドライブラシするのですが、乾くまで時間がかかるので暫く放置。

デカールは貼るべき場所にチッピングしてしまったので、貼れるとこだけにします。
(十字マークと、左の車両番号のみ)
CIMG1746.jpg  CIMG1747.jpg
CIMG1748.jpg  CIMG1749.jpg
CIMG1750.jpg  CIMG1751.jpg

概ね本体は完成ですが、フィギュアや、ディスプレイベースも必要なのでまだ2週間ぐらいはかかりそうです。

本体の自己評価は・・・・45点。
最も大きな減点理由は、チッピング処理です。やりすぎだし、個々のリアルさも×。
次に、錆び。リアルではない。 錆びを表現したい気持ちは伝わるけど、そこ止まり。
そして、足回りのウエザリングがかなり無理やり感あり。

こう言う作品は、(自他共に)一目見て「おおー」と思い、じっくり見て「おおー」と思い。暫く見ていても飽きず、さらに「おおー」と思える物が目標。

もう少し具体的に表現すると・・・

1)全体のバランス、センスの良さ。
2)かもし出す、本物感。
3)細部の完成度や、こだわり。

1)がクリアー出来れば60点、2)が80点、3)が100点以上・・・・。

残念ながら、今回の作品は「1)」すら、満たしていません。

反省会が必要だな・・・・。(まだ、完成していないけど)

ラング作成 7

ラング作成も終盤戦に入ってきました。

上面をさんざん汚したので、足回りもそれに見合ったウエザリングにします。

まず、足回りのボデー部分は泥色のパルテルと木工ボンドを混ぜてペタペタ貼り付けます。
まあ、泥の盛り上がりを表現したつもり。

どうも、しっくりきません。泥色が上手く出せない。

考えた挙句、粉っぽい乾いた泥に変更。

マークセッターを糊代わりにして、パステルを乗せていきます。
ボデーだけだと変なので、輪転部分ものせます。

妙に面白くなって、どんどん乗せました。

苦手なキャタピラの汚しは後回しで、取り付けだけ。

 CIMG1742.jpg CIMG1740.jpg


今思えば、ここまで足回りにウエザリングするんだったら、足回り部分は「ウォッシング」不要だった。
もっと言えば、パーティングライン処理すらいらなかったかも・・・・。

経験の多いベテランさんだと、この辺りが事前にわかるんでしょうね・・・。

ちなみに、ポリ製のキャタピラって、寸法がかなりタイト。上手くやらないと嵌めるときに輪転が折れてしまいそうです。(折ってしまった失敗談が結構あるみたい)

おそらく、モータライズの時はタイトじゃないと走行中に外れてしまうのかも?

静止模型の場合は、あと5~10mm長ければ、リアルに弛ませられるのに・・・。

ラング作成 6

平日は、なかなかプラモ作成が進まないのですが、ちょっとだけ。

先回は塗装のはがれを入れたので、次は錆。

しかし、錆って難しいのです。

パステルで錆っぽい色を作って排気管に載せていました
CIMG1734.jpg

たまたま錆びた塗料皿が手元にあったので、比較に並べてみましたが、なんか違う。
明るすぎたようです。

もう少し暗い錆び色を作り、再度排気管へ
CIMG1736.jpg

微妙~。 一応錆っぽくはなったようですが、よくよく考えると排気管、マフラーってこんなに錆びるものなのか?やりすぎたかも・・・。

他のボデー各所にも錆を載せてみましたが、今ひとつリアルさに欠ける。

うーん、錆って難しい・・・・。

ラング作成 5

いやはや、プラモは難しいです。
なかなかイメージ通りには行きません。
色々テクニックは調べましたが、なかなか手順が・・・・。

この土日の進み具合は・・・

まず、小物の塗装
CIMG1725.jpg

それから、ウォッシング、油絵の具での汚し、チッピング(途中だが)まで・・。
CIMG1729.jpg CIMG1731.jpg
CIMG1732.jpg


うっかりチッピングをやり過ぎた感が有るのですが・・・この辺りのセンスが難しいですよねー。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

スエイ or Rolly

Author:スエイ or Rolly
30年ぶりのアラフォー返り咲きモデラーです。
ジャンルはWW2のミリタリースケールモデル。
不器用で、細かい事が苦手ですが少しずつ勉強ですね。。。

リンクフリーです。
相互リンク希望時は最下のメールフォームでご連絡ください。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリー一覧
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村 その他趣味ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。