スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ3.7Cm対空機関砲37型(タミヤ)作成(4回目)


※掲載している写真の一部は、クリックすると拡大できます。

このキットにはフィギュアが5体付いています。

箱絵からすると、全てこのまま使用してコンパクトなミニジオラマが出来そう・・。

砲台組み立てのときと同じ様に、パーティングラインのヤスリ処理を施し図面通りに組み立てます。

ただ、これも「塗装のし易さ」を想像しながら何処まで組むか・・・の手順を考えます。

今回は、双眼鏡とステレオファインダーを覗く兵士は全部組んでしまうと「顔塗装」がメチャ難しくなるので、首なし状態のままにしました。
また、彼らは双眼鏡とステレオファインダーも、他はヘルメットのみ後で組むことにしました。

あと、いつもは端折るのですが、今回は「袖」の部分を掘り込んでほんのちょっとリアルにしてみます。
CIMG2381.JPG

組み立てで注意すべき点がもう一つ・・・。
腕の角度です。

物を持ったり、ポーズをとったりする上で、腕の角度は重要です。

こだわる人は、腕を切って自然なポージングを試行錯誤する場合も有るそうです。(現時点の私にはハードル高すぎですが・・・)

腕の角度を決めるために、実際に物を持たせたり乗り物に乗せたりしながら角度調整します。

そういう意味で、接着剤は瞬間系ではなく普通の溶着系の方が良さそうですね。

CIMG2394.JPG

一通り組み立て及びヤスリがけが終了すると、塗料の載りやすさとヤスリがけモレの確認の為、サーフェーサーを吹きます。
CIMG2400.JPG

その後、服の塗装(ラッカー系)&ウォッシングを行いました。
CIMG2454.JPG

次に、ベルト、靴をラッカー系黒、バックル類をラッカー系シルバーで筆塗装します。

 




コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

スエイ or Rolly

Author:スエイ or Rolly
30年ぶりのアラフォー返り咲きモデラーです。
ジャンルはWW2のミリタリースケールモデル。
不器用で、細かい事が苦手ですが少しずつ勉強ですね。。。

リンクフリーです。
相互リンク希望時は最下のメールフォームでご連絡ください。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリー一覧
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村 その他趣味ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。