スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国ラジオ(KK-S500)購入




左から KK-S500 KK-S500のアップ RF2200,2600

先週末、ワールドラジオさんで購入した中国Kchibo社製のKK-S500が一昨日、中国から届いた。
上海から国際小包(EMS)で、税関を経由し直接我が家に直輸入。

少し大きめの段ボール箱に、化粧箱と緩衝材としての中国の新聞に守られてのお目見えだ。
(うちの小僧は、ラジオよりも中国の新聞に興味津々だったが)

思っていたよりもかなり小さいが、安っぽさは全く無く、国内の小型ラジオよりも高級感が漂うたたずまい。

中国国内向け商品な為に、マニュアルは全て中国語。
ラジオの操作ノブ類も全て中国語のみで記載。
この辺りが全く日本製とは違う。
日本製ならノブ類は母国語表記ではなく英語表記のみが一般的。
4千年の歴史のプライドだろうか。(ある意味立派)

マニュアルが中国語表記のため、まだ使い方をマスターしていないが、ラジオの聴取ぐらいは出来るようになった。

感想は、実に感度が良い。(小型のくせに)
操作性も良い。
作りがしっかりしている。
これで送料込み価格が1.2万円程度なのだから、恐るべき中国製品。

感心する以上に、危機感を感じる。

ものづくり大国日本の地位は完全に脅かされる。
(もう、日本の売りは「アニメ」ぐらいしか残されない!)

と、まあ褒めてばかりじゃつまらないので、私の所有機RF2200、2600(25年前のNational製BCLラジオ)と比較すると・・・。

家で、ラジオの番組を楽しむならRF2600に軍配が上がる。

数値的な性能はKK-S500が上のような気がするが、スピーカーが大きく音質も落ち着いたRF2600には、「番組を楽しむ」と言う観点では勝てない。

まあ、子供の頃からの宝物(RF2600)で有る故の、エコヒイキがかなり影響しているのは事実だが・・・。

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

スエイ or Rolly

Author:スエイ or Rolly
30年ぶりのアラフォー返り咲きモデラーです。
ジャンルはWW2のミリタリースケールモデル。
不器用で、細かい事が苦手ですが少しずつ勉強ですね。。。

リンクフリーです。
相互リンク希望時は最下のメールフォームでご連絡ください。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリー一覧
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村 その他趣味ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。