スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ8輪装甲車 #11


プチジオラマの地面の作成です。

発砲スチロールで大まかな高低さだけ作成し、あとは紙粘土や壁補修材とかで地面を慣らし、その上に砂や、瓦礫を表現する。。と言う方法を考えています。

今回は、ホームセンターで見つけた「京壁」と言う壁土を使ってみました。
8輪装甲車

これならば、粘土替りにもなるし、砂や瓦礫表現にも使えるし・・・・と思いまして・・・。

実際使ってみると、なかなか扱いにくい。。。。
発泡スチロールの上にうまく定着しないし。平らにならすのも難しい。
8輪装甲車

8輪装甲車  8輪装甲車

粒子も今ひとつな感じです。

やっぱり、ドフィックスの壁補修材で地面を作り、マットメディウムを塗って、上から木粉や瓦礫を乗せる方が雰囲気でますね・・・。
今回は、ちょっと失敗・・・・。
とりあえず、このまま出来るところまでやって、どうしても気に入らなければ、最初からやり直す事にします。


コメントの投稿

非公開コメント

No title

写真を見ていると沙漠や荒れ地には意外に京壁あってるような気もしますよ

Re: No title

わんこ さん

コメントアリガトウ

乾いてみると、意外といけました。
塗りつけている時は、発泡スチロールへの定着が今ひとつで、いつも使っている「ドフィックス 壁補修材」に対して扱いづらいなぁと感じました。

あと、「切り立った岩場」のようにシャープな壁面や地面はこの京壁は苦手ですね。
「こんもり」した壁面、地面には使えそうです。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

スエイ or Rolly

Author:スエイ or Rolly
30年ぶりのアラフォー返り咲きモデラーです。
ジャンルはWW2のミリタリースケールモデル。
不器用で、細かい事が苦手ですが少しずつ勉強ですね。。。

リンクフリーです。
相互リンク希望時は最下のメールフォームでご連絡ください。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリー一覧
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村 その他趣味ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。