スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ4号対空戦車 メーベルワーゲン製作 5

久々のプラモ作成記事です。

先回作成した四方の防弾板を戦車本体に組み付けました。
防弾板の組み付け方は、
 <走行状態>→防弾板を全て閉じた状態
 <高空射撃状態>→防弾板を半開き状態
 <射撃状態>→防弾板を水平全開状態
から選択します。

下の写真は、<射撃状態>→防弾板を水平全開状態。
メーベルワーゲン4号対空戦車

いつものように、「ダイソーケース」の寸法からすると水平全開状態では、はみ出てしまいます。
<高空射撃状態>が有力ですが、とりあえず、防弾板の状態は最後に決める事にします。

次に、小物類の製作ですが、これはいつも悩みます。
何を悩むかと言うと、全て本体に組み付けて全塗装後、筆で小物塗装をするか、小物なしの状態で全塗装し、小物は別に塗装後合体させるか?と言う事。
どちらも一長一短あります。 今回はどうしようかなぁ・・・・。
メーベルワーゲン4号対空戦車 メーベルワーゲン4号対空戦車
これも、とりあえず保留。。。。。

先に機銃部を作る事にします。

台座はこんな感じ。
メーベルワーゲン4号対空戦車

次に、機銃本体です。 これは最も重要。 この戦車の主役部分です。
バリなんか絶対残してはいけません。 銃身は棒状に、、、。
マズル(銃身の先端)にはちゃんと銃口も施します。
メーベルワーゲン4号対空戦車 メーベルワーゲン4号対空戦車
銃身は組み付ける前に、個別塗装する予定です。
なんと言っても「主役」ですから。この部分だけは手間を惜しんではいけません。

と、言う事で、、、、今日はここまで・・・・。

コメントの投稿

非公開コメント

確かに迷います

こんばんは。
全部作ってから塗るか、塗りながら組み立てるか。自走砲やオープントップの車両は迷う場面が多いですね。
横着者の自分は基本的に全部作ってから塗りますが、8トンハーフトラック4連装の銃身部分はスエイ様と同じように塗ってから組み立てるようにいたしました。
なんとか組み立ててからにしようと思いましたが、さすがに塗り分けは厳しそうなので断念した次第です(笑)

Re: 確かに迷います

hajime さん

こめんとありがとう。

私も横着者なので、前部組み立ててから塗装したいタイプです。
しかも、組み立ててから塗装・・・と言う手順は、作業自体がメリハリがあるので、気持ち的に
ラクなんですよね。。。

とは言え、「スコップ、ジャッキ、ハンマー」等の小物のリアルさもミリタリー車両の見せ所なので、
不器用な私としては、じっくり塗り分け出来る手順も大事・・・・。

悩ましいーーーーーー。


FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

スエイ or Rolly

Author:スエイ or Rolly
30年ぶりのアラフォー返り咲きモデラーです。
ジャンルはWW2のミリタリースケールモデル。
不器用で、細かい事が苦手ですが少しずつ勉強ですね。。。

リンクフリーです。
相互リンク希望時は最下のメールフォームでご連絡ください。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリー一覧
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村 その他趣味ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。