スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おなかが痛い(内視鏡検査)その2

プラモネタではないので、興味の無い方は無視してください。


さぁ、ついに検査前日。 出勤しても上の空・・・と言いたいところですが、
運悪い事に海外支社からの出張者(米人)との打ち合わせが夕方に。。。
上の空と言うわけにもいかないのです。

ようやく帰宅して、晩御飯は軽め。(食べてはいけないものが決められています)
その後、9時頃に弱めの下剤を飲みました。
便秘の人はもっと強い薬が出るそうです。

23時頃にベッドへ。寝つきは良い方なので直ぐ寝ましたが、4時半頃軽い腹痛と共に目覚め。
その後、6時頃までウトウトしてました。

リビングに下りると、息子が勉強中。

「今日は父さん、検査なので、元気付けてよ」と言うと「頑張ってね」だって。
この子を残して大病になるわけにはいかない。だから怖くても検査しなきゃ。
と奮い立たせます。

検査は14:40からなので、病院へは14:30までに来るようにと言う事です。

朝食は当然抜き。下剤のおかげで便も普通以上に排出できました。
そして、9時からは腸の中を水薬で洗浄する作業にかかります。
作業の内容は、下剤入りの洗浄液1.8Lを徐々に飲んで、何度もトイレで排泄し、
最後は透明な水が出るのを確認できれば検査準備完了です。
これらの作業は自宅で行い、病院へ状況を報告します。

ネットで見ると、皆さんこの1.8Lの水薬を飲むのが辛い。飲めない。残す。
と言うコメントが多いのですが、私は全く苦労無し。
それどころか、ノドが乾いたら飲む。。。と言う感じで普通に飲み干しました。
味はポカリそっくりなので、問題なし。
元々飲み物好きなんですよね。お酒はダメだけどジュース類は大好き。
以前、明治のコーヒー牛乳1Lを普通に一気飲みしたりして妻に禁止令を
出されました。

で、逆にこの水薬を一気飲みしちゃうと上手く腸の洗浄が出来なくなるかも?
と思い、無理やりゆっくり飲みました。

最初は全く便意はなかったので、大丈夫か?と思いましたが、お腹を少し
マッサージすると突然来ました。
下痢・・・と言う感じではなく、お尻から生ぬるいお湯が出る、、、と言う感じ。
朝の排便でほとんど出たみたいで、最初から水っぽい感じでした。
その後、お腹のマッサージを何回か繰り返し、結局は7回ほどトイレに。

4回目くらいでほとんど透明の色水状態でした。

11時頃病院から状況確認の電話が入り、完了を報告。
14:30に来るように伝えられました。

作業をしている間はその行為に集中しているので不安感は忘れてましたが、
作業が終わってからはだんだん不安が増してきます。(3時間も待機だし)

妻からは何回も「大丈夫、大丈夫」と元気付けられました。
たかだか内視鏡検査ぐらいで何事だ?と思いますが、そう言う人です私は。

とうとう14:00に。 腹をくくっていざ病院へ。

昨日の雪がまだ解けてないので慎重に車を運転しました。

病院に到着しましたが、受付には誰も居ません。
暫くすると看護婦さんが様子を見に来ました。

そのまま、中へ連れて行かれ、検査着に着替えるよう指示されました。
検査着は下はお尻の部分が割れた使い捨て半ズボン。
上は薄手のガウンのようなものでした。

着替えると直ぐに検査台へ。まな板の鯉ですが心臓バクバクです。
胎児のような姿勢にされて、お尻の穴にゼリーを塗られました。

ようやく主治医が登場。「じゃあ、検査始めますね。」の一言。

とうとうお尻にカメラ挿入。 全く痛みは有りませんが相変わらず
私は緊張状態。

胎児の姿勢から仰向けの姿勢に変わります。

内視鏡の管からエアーが腸に送り込まれます。

お腹がぐっと張る感じ。カメラが何処に来てるのかはわかりません。

エアーなのかカメラなのか・・・。ただ、このお腹が張る感じが
かなり辛い。痛いのか苦しいのか。。。
酷い便秘の人はこんな感じなのでしょうか?だとしたら、かなり
辛いのでしょうね・。

この状態が何度も繰り返されもうカンベンーーと言う感じです。

S字結腸の通過が苦しいとか聞きますが私の場合は左上のカーブからが
辛くなっていました。

「痛ければ、痛いといって下さいね」と看護婦さん。

とは言え、痛いと言えば何か解決するの? 下手に途中で中止されても
困るんだけど。。。と言う事で、小さな声で「うっうっ!!うぉー!!」
と言う唸り声しか出ません。

そんなこんなで、主治医が「盲腸まで来ました。特に病変は無かったですね。
帰りはもっとしっかり見ますね」と。
えー。。。もう終わってよー。。。と思いましたが口には出せず。

帰りは腸の壁に色素の液体をかけまくりながらの様でかなりゆっくりです。
そのたびにエアーを入れるものだから苦しい(痛い?)。
色素の液体を継ぎ足す間の数秒が苦しい。。
あー早く終わってくれーぐるしい。。。
と言う状況が暫く続きます。

左上の苦しいゾーンを越えて少し下へ行った所で、「小さなポリープが
有るので、切除しますね。かなり小さいです」と。
私は蚊の鳴くような声で「ハイ」と。

ポリープ切除は痛いのか?と心配しましたが、全く感じませんでした。
切除後ほどなくカメラ抜き取り。 検査終了です。

正直・・・・もうやりたくない検査です。 次回やるときは鎮静剤とか
麻酔とかを希望したいです。(眠っている間に終わるそうなので)

引き続き「胃の内視鏡検査」なのですが、その前に、ポリープを取った事で、
止血剤の点滴を投与されました。

30分ほどベッドで点滴を受けていましたが、点滴しながら胃の内視鏡検査へ。

(その3へ)

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

スエイ or Rolly

Author:スエイ or Rolly
30年ぶりのアラフォー返り咲きモデラーです。
ジャンルはWW2のミリタリースケールモデル。
不器用で、細かい事が苦手ですが少しずつ勉強ですね。。。

リンクフリーです。
相互リンク希望時は最下のメールフォームでご連絡ください。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリー一覧
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村 その他趣味ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。